ガーデンメンテナンス | ガーデン&エクステリア「ハピア」

ガーデンメンテナンス

剪定

伸びすぎた枝や葉を切り、庭木の姿を美しく整えることで、日当たりや風通しを良くし病害虫の発生を抑え、健全な成長を助けます。
落葉樹は7~8月、11~3月を目安に行います。
11~3月の休眠中は強く剪定してもダメージが少ないという利点があります。この時期に樹形を整えます。ただし、花芽の分化前に剪定をおこなうと、花数が少なくなりますので気をつけます。
整った形を保ちたい生垣は、新芽の成長が止まった初夏と秋の2回行うことが理想です。

庭木の剪定はご相談ください。庭木の本数により金額が変わります。現地確認のうえお見積り致します。

樹木の伐採

  • 大きく育ちすぎて家に日が当たらない
  • 強風で木が倒れてさそう
  • 隣家に落ち葉が落ちて毎年心苦しい

‥など樹木の伐採をお考えの方は私共ご相談ください。現地確認のうえお見積り致します。

除草のご依頼

除草のご依頼につきまして、ご相談ください。ガーデン&エクステリアのお手入れに欠かせません。

薬剤散布・消毒

病害虫を寄せ付けないためには、基本的に土地の気候風土や環境に合った庭木を植えることが大切です。
日照不足や風通しが悪いと発生率が高くなります。
害虫は5~6月と9~10月の人間も過ごしやすい時期に多く発生します。被害を最小限に抑えるためには、初期に発見して取り除くことが大切です。
また、冬期間の薬剤散布や春のオルトラン散布で予防することで害虫の発生を極力抑えることが可能です。

定期的な薬剤散布・消毒をご希望の方、害虫が発生してお困りの方はご相談ください。

芝生のお手入れ

良く手入れされた芝生はやはり憧れです。
きれいな芝生を保つためには、日々の芝刈りはもちろん定期的な施肥や除草が必要です。
定期的な芝生の管理をご希望の方はご相談ください。

木製品のお手入れ

ウッドデッキやフェンスなど天然木でつくった外周りの木製品は定期的なメンテナンスでより長持ちします。
数年に一度、プロによる塗装メンテナンスをしてみませんか。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ分野